◆季節の挨拶を盛り込んだ文例600!

時候の挨拶文(挨拶状)の書き方


★そのまま使える! ビジネスマナー・文書―手紙、メールの書き方




時候の挨拶文(季節のあいさつ状)は、手紙、ビジネス文書の書き出しの重要部分です。
手紙の書き方は、ある程度フォーマットが決まっています。下記のサンプル、テンプレートなどを参考に作ってみて下さい。お中元、お歳暮、結婚祝い、出産祝いなどを百貨店から送る場合も使えます。

挨拶状だけでなく、手紙全般の書き出しでは、時候や安否などのあいさつを書きます。例えば、ビジネスで手紙を書く場合、時候(季節)のあいさつ文を含む手紙の書き出し部分は、次のようになります。

手紙の書き出しの例文
  拝啓 ○○の候、貴社ますます・・・
  (拝啓の次は一字分空白を入れ、手紙の一番最後は敬具で結ぶ)

1.時候(季節)の挨拶文
   厳寒の候、早春の候、盛夏の候、初秋の候、師走の候など

2.安否の挨拶文
   「貴社ますますご盛隆のこととお喜び申し上げます」を基本に、言い回しを工夫する。

3.感謝の言葉 
  「平素は格別のお引き立てにあずかり、お礼申し上げます」を基本に、書き方を工夫する。

なお、「○○の候」と漢語表現の時候(季節)挨拶文を使うか、ソフトな時候のあいさつにするかは、自由に決めて構いません。

そのまま使える! ビジネスマナー・文書―手紙、メールの書き方


★手紙の書き出しと書式文例集 12か月の季節の挨拶と文句集★

季語、いただきます

季語、いただきます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。